リフォーム事例を見るにあたっての知識

リフォーム事例でチェックするべきポイント

自分の住宅に置き換えてイメージする

同じ個所のリフォームをする場合であっても、リフォーム会社によって仕上がりは様々で、出来上がりに差が生じることも多いです。
デザイン的な違いはもちろんのこと、取扱いのある設備や器具なども違いますので、自分に合った納得のゆくリフォームができるかどうかは、会社選びによって変わってくるでしょう。

リフォーム事例を見るにあたっては、実際に、自分の住宅に置き換えてイメージを膨らませることが重要です。
リフォーム会社のカタログや、ホームページなどに記載されているリフォーム事例は、モデルハウスや別の住宅を手掛けた際に撮影されているもののため、実際に自分の住宅で施工するとなると、イメージの違いが生じることもあるからです。

事例に惑わされすぎない

リフォーム事例というのは、どこの会社にとっても、その会社の実力などを示す、いわば顔となる物なわけですから、当然ですが見栄えを良くするように工夫しています。
例えば、施工した住宅にお洒落なインテリアなどを配置したり、照明などにもこだわって、写真が綺麗に見えるようにいろいろと考えられています。
そのため、リフォーム事例を目にすると、期待感が大きく膨らむことは間違いなく、惹かれるものがあるはずです。

とはいえ、リフォーム事例はあくまでも高級に見えるように様々な工夫を凝らしているものですので、実際に自分の住宅を施工して貰った際に、全く同じようになるかどうかは別問題です。
あまり、写真に惑わされすぎないように、あくまでも冷静にリフォーム事例を見ることも大切かもしれません。


この記事をシェアする